カビ・ダニに注意!秋雨時期に気をつけたいお手入れ方法とは!

>

Pocket

夏の間とても暑かったせいか少し気温が下がっただけで、日中もとても涼しく感じられるようになりました。

だんだんと過ごしやすい気温になってくるとアレルギー症状に悩まされる方も多くなってきます。
そのアレルギーの原因となるのがカビやダニです。

活動的になっている今の時期だからこそお手入れをして対処していきたいですね!
本日は、『今』行いたいカビ・ダニを防ぐお手入れ方法をお伝えいたします。

カビもダニも梅雨の時期の方が多い気がしますよね!
実はこの秋雨の時期は、梅雨から夏にかけて増えたダニの死骸が多くなり、そして台風や秋雨で高温多湿になる秋は
まだまだダニの繁殖も活発で、生きているダニ、糞、死骸の全てがとても多くなる時期なのです。

そしてカビはというと、梅雨から夏に発生し繁殖し、秋になると乾燥して胞子が飛びやすい状態となります。
我々にとって健康被害を起こすカビ・ダニ、できることをしっかり対策していきたいですね!

○浴室・洗面所

カビが多い場所といえば、浴室や洗面所などの水回りです。
換気することが1番ですが、換気扇やドアの通気口にカビがついていては意味がありません。
まずは換気扇・通気口を忘れずにお手入れしておきましょう。
お風呂を使用した後は、水気を拭き取っておき、カビが発生しにくいようにしましょう。

○キッチン

キッチンでは水はもちろん食べ物や石鹸カスがカビの原因となります。
毎日使用後はしっかり洗い流し、お湯をかけて消毒をしておきましょう。
また、油汚れはカビはもちろんダニのエサにもなります。
冬場は油汚れは冷えて固まり落としにくくなりますので、まだ気温の高い今の時期にお手入れをしておきましょう。

○寝具・カーペット・畳・ソファー

ダニがとてもとても溜まりやすい場所です。
こまめに掃除を行っていないと、ダニの死骸や糞がたくさん溜まってしまいます。
ゆったりとくつろぐ場所は特に念入りにお手入れが必要です。
隙間に入り込んだ埃や食べかすは忘れずにしっかり取るようにしましょう。
布団用掃除機や市販のダニ捕りシート、ダニ避けスプレーなどを併用することもオススメです。

スッキリと健康的に過ごすためにもこまめなお手入れを心がけましょう!

By